03:23 2019年12月15日
ラガーフェルト氏

ラガーフェルド氏の莫大な遺産 相続するのは…飼い猫

© AFP 2019 / DPA/Jens Kalaene
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

昨日2月19日に死去した有名デザイナーのカール・ラガーフェルド氏の残した莫大な遺産の相続者は、ラガーフェルド氏の愛猫となる可能性がでてきた。このことについてはラガーフェルド氏自身が生前に受けた取材の中でも幾度も繰り返していた。仏フィガロ誌が報じた。

スプートニク日本

ラガーフェルド氏の大事にしていた猫、シュペットがラガーフェルド家に現れたのは2011年。ラガーフェルド氏はシュペットを溺愛し、自分の葬式よりも前に猫が死んだ場合は、自分の遺灰を母親と猫の遺灰とともに散骨してほしいと望んでいたほどだった。

シュペットは自分の銀行口座を持ち、自分のアカウントのインスタグラムには15万9千人、またツィッターにも5万人のフォロワーをそれぞれ有している。フィガロ誌によればシュペットはモデルとして広告料を稼いでおり、その額は数百万ユーロにも達している。

フランスでは動物には相続権がない。理由は動物は個人でも法人でもないからだ。動物の相続権はラガーフェルド氏の出身国のドイツでは可能であるものの、このケースではラガーフェルド氏が生活していた国、つまりフランスの法律に従わねばならない。代替案も存在する。その一例は遺産をシュペットの世話をする基金ないしは協会、または委任者に渡すというもの。

フィガロ誌によればラガーフェルド氏もこのことについては考えをめぐらしており、2015年に受けた取材に「私に万一の事が起きても、シュペットの世話をする人は何一つ不自由な思いをすることはない」と含みのある発言を残していた。

関連ニュース

さようなら、モード界の帝王 有名デザイナーのラガーフェルト氏が死去

タグ
ファッション, 動物, 欧州, フランス, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント