17:54 2019年10月23日
シンガポール航空

大手エアライン機内で不審なカメラが見つかる【写真】

© Sputnik / Marina Lisceva
社会
短縮 URL
109
でフォローする

シンガポール航空の乗客がボーイング747機内で、座席後部のモニターに搭載された小型カメラを発見した。発見した男性はデバイスの正体についてツイッターで意見を募った。サイト「News.com.au」が報じた。

スプートニク日本

「シンガポール航空機内で座席後部から私を見てくる興味深いセンサーを今見つけた。これがカメラか否か、専門家の意見はありますか?もしかすると、シンガポール航空がこの使い道を教えてくれますか?」

​この投稿は大反響と議論を呼んだ。

結果、シンガポール航空の公式アカウントが男性の疑問に次のように回答した。

「製造会社に提供された当社の最新機内エンターテイメントシステムには一部、ハードウェアにカメラが埋め込まれているものがあります」

その上で「これらのカメラは当社機内で無効化されており、このカメラを用いたいかなる機能を開発する計画もありません」と続けた。

タグ
スキャンダル, シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント