06:22 2019年03月22日
パロのタクツァン僧院モスクワのクレムリン

40カ国で観光税 では露日の状況は?

CC BY-SA 2.0 / Christopher Michel © Sputnik / Alexei Druzhinin
1 / 2
社会
短縮 URL
214

40を超える諸国で観光客への税金を導入済みか、導入する予定がある。サイト「Insider」が報じた。

スプートニク日本

最も観光税が高いのはブータン。旅行予約時に1日2万3千〜2万8千円が必要となる。この額にはホテル代、交通費、ガイド代、食事代、入場券が含まれる。

日本では今年1月から国際観光旅客税が開始した。出国時に1000円徴収される。集まった税金は2020年東京五輪までに観光インフラを整備するため使われるという。

イタリアでは観光税は都市によって異なる。ローマでは一晩350〜900円、ベネチアでは入市料が約1200円となっている。

インドネシアでも出国税がある。金額は空港によって変動する。

ロシア南部とアルタイでもリゾート税があるが、その額は日本円にして1人1日85円を超えない。

観光税で集めた税金は産業に向かい、美術館やその他観光名所の修復の助けになることがしばしばだ。

関連ニュース

タグ
旅行, 日本, イタリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント