09:51 2019年12月15日
捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに

捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに【写真・動画】

© REUTERS / Akhtar Soomro
社会
短縮 URL
0 33
でフォローする

パキスタン側によって乗機が撃墜されて捕虜状態となり、最近帰還したインド軍のアブヒナンダン・バルタマン操縦士の口ひげが、同国の大勢の人々によって模倣され始めている。英デイリー・メール紙が伝えている。

スプートニク日本

バルタマン操縦士は、拘束した側の手に機密文書が渡らないよう、これらの文書を飲み込んだことをきっかけに、国の英雄として評価されている。

​バルタマン操縦士の風貌の中で際立った特徴となっているのが、頬ひげにつながっている濃い口ひげ。英雄に敬意を表するため、国全体で男性が頬ひげと口ひげをバルタマン操縦士のスタイルに剃り、SNSに自撮り写真を投稿し始めている。

  • 捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに
    捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに
    © REUTERS / Amit Dave
  • 捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに
    捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに
    © REUTERS / Amit Dave
1 / 2
© REUTERS / Amit Dave
捕虜状態から帰還した印パイロット、口ひげの新トレンドのきっかけに

​​この流行には、インド大手の乳製品メーカー「アムール」までも加わり、同じような口ひげをした主人公が登場する広告キャンペーン映像を撮影している。

​関連ニュース

パキスタン、インド空軍の操縦士を解放=インドのマスコミ

パキスタン、負傷したインド空軍操縦士を航空機で搬送することを許可せず

タグ
おもしろい, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント