19:27 2019年05月25日
cc

イタリア沖で、ユニークなサンゴ礁が見つかる

CC BY 4.0 / Giuseppe Corriero et al. / In situ images of the mesophotic coral reefCC BY 4.0 / Giuseppe Corriero et al. / In situ images of the mesophotic coral reef
1 / 2
社会
短縮 URL
0 20

イタリア南東部沖で、ユニークなサンゴ礁が見つかった。イタリアの学者らが発見した同サンゴ礁は、構造と生物多様性に関してオーストラリアやモルディブ諸島のサンゴ礁に匹敵するという。ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

サンゴ礁の長さは約2.5キロメートルで、イタリア南東モノーポリ近くの30メートルから50メートルの深さにある。

そのユニークさは、入射光が少量であるにもかかわらず、サンゴが オレンジ、赤、紫 などの明るい色をしていることにある。

イタリアのバーリ大学生物学部のジョゼッペ・コッリエロ学部長は「有名なオーストラリアまたはモルディブのサンゴ礁はほぼ水面で生育し、太陽光を最大限に利用している」と指摘、一方「イタリアで見つかった同様のサンゴ礁は、光が不十分であるにもかかわらず生き残り、生育しているため、非常に珍しい」と語った。

関連ニュース

良好状態のサンゴは1% 日本最大のサンゴ礁で

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント