08:57 2019年03月20日
病院

​極めて稀な合併症 英国人女性が脳卒中後にロシア語アクセントで会話

© Depositphotos / Sudok1
社会
短縮 URL
0 40

英国リバプール在住の女性が、脳卒中の克服後、​明瞭な​ロシア語アクセントで話し始めた。英紙「リバプール・エコー」が報じた。

スプートニク日本

同紙によると、2014年にローズ・グリフィス氏(69)は、突然脳卒中の発作を起こした。入院後、グリフィス氏は体の右側全体の感覚がなくなり、話す、読む、書くといった能力を失った。

医師らは、グリフィス​さん​​が普通の生活に再帰することはまずありえないだろうと考えていた。それにも拘らず​グリフィスさんは必死に​リハビリ​訓練に取り組み、すぐに左手で字を書くことを学んだ。その後、グリフィス氏は言葉も話し始めたが、​生粋の英国人であるはずのグリフィスさんの英語は明らかにロシア語​訛りになっていた。

​その後、​グリフィスさんの話し方は再び変わった。東欧のアクセントが現れ、その後、今度はドイツ語のアクセントが現れた。

医師らによると、これは​極めて珍しい「​外国語様アクセント症候群​」と呼ばれる合併症で外傷性脳損傷や脳卒中後に現れる​ことがある。

関連ニュース

12年の昏睡から息子が覚醒 信じて待ち続けた中国人母

タグ
健康, 医学, ロシア, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント