01:39 2019年11月23日
子供(アーカイブ写真)

脳死状態の女性が出産 ポルトガル

© Fotolia / Zffoto
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

ポルトガルのリスボンでカヌー選手のキャサリン・セケイラさん(26)が、脳死状態で男児を出産した。

スプートニク日本

彼女は妊娠19週目に急性喘息発作を起こし、病院に運ばれ、そこで人工的なこん睡状態に置かれた。

BBCが報じるところ、少し経ってからセケイラさんは脳死判定を受けた。だが胎児の成長のため、身体の生命活動は56日間継続された。

最終的に、妊娠32週目で帝王切開手術が行われ、体重1700グラムの男児が生まれた。医師は、男児の命に別状は無いという。セケイラさんの生命維持装置は、手術後に外された。男児はサルバドールと名付けられた。

関連ニュース

タグ
子供, 怖い, 医学, びっくり, ポルトガル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント