02:27 2019年10月19日
ジム・キャリー氏(アーカイブ写真)

ジム・キャリー氏 吊り下げられたムッソリーニのイラストを公開  独裁者の孫娘に「人でなし」と呼ばれる【写真】

© 写真 : Willy Sanjuan
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

米ハリウッド俳優ジム・キャリー氏は、イタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニの死を描写したイラストをツイッターに投稿した。同氏は、イラストに「もしファシズムがどこに導くのか興味があるなら、ベニート・ムッソリーニと彼の愛人クラーラ・ペタッチに尋ねてください」とコメントした。

スプートニク日本

ジム・キャリー氏は、自分でこのイラストを描いており、下方に彼のサインが書かれている。風刺画には実際の歴史上の出来事が描かれている。1945年にムッソリーニと愛人のクラーク・ペタッチがスイスに逃亡しようとした後、イタリアのパルチザンがその二人をを捕え、銃殺した。その後、二人のの遺体はミラノに運ばれ、街の広場に吊り下げられた。

ベニート・ムッソリーニの孫娘でイタリアと欧州の議会メンバー、 そして極右政治家でもあるアレサンドラ・ムッソリーニ氏は、 ケリー氏の投稿を酷評した。アレサンドラ・ムッソリーニ氏はケリー氏を「人でなし」 と呼んだ。

ジム・ケリー氏の投稿に対抗して、 アレサンドラ・ムッソリーニ氏は自分のツイッターのアカウントにいくつかの投稿を行なった 。孫娘のムッソリーニ氏は、ケリー氏に、 人道に反する米国人の犯罪を表現した他のイラストを描くことを提案し、例えば、広島と長崎への原爆投下や黒人奴隷に対する白人の迫害などを挙げた。

ジム・キャリー氏は、アレサンドラ・ムッソリーニ氏の投稿のいずれにも答えていない。

関連ニュース

タグ
スキャンダル, びっくり, イタリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント