04:31 2019年05月20日
ベネディクト16世(アーカイブ写真)

前ローマ法王  小児性愛の蔓延は60年代の性革命の影響

© 写真 : Public Domain
社会
短縮 URL
134

2013年に引退した前ローマ法皇ベネディクト16世は、ローマカトリック教会史上最大の危機を「もはやいかなる規範も認められない全面的な性的自由」の闘争と結びつけていた。

スプートニク日本

ベネディクト16世はカトリックニュース庁で出版された自身のエ ッセイ『教会と性的暴力のスキャンダル』 で1960年代の性革命についての自らの考えを明らかにした。ベ ネディクト16世の見解では、全面的な自由によってカトリック教 制度にはモラルの崩壊が起き、と同時に同性愛と小児性愛が発生し た。ベネディクト16世は、小児性愛が「 このような規模に達した」理由として「神の不在」の見解をあらわ し、神に対する責任が指導的原則でなくなり、「少数者たちの個人 的配慮」になってしまったと指摘している。

神学者たちはベネディクト16世のエッセイを不適切で不安を招く と手厳しく批判した。特に神学者らは、 子どもたちを保護しなかったことを指摘し、小児性愛を犯した司祭 の犯罪を隠蔽したことで、 ベネディクト16世が繰り返し非難された事実を挙げている

ベネディクト16世は、2013年2月に自発的な辞任を発表。 15世紀以来、600年間でカトリック教会の長が辞任したのは初 めて。後に、ベネディクト16世は、辞任の理由は「啓示」 があったためで、 神が彼が退くことを望んでいると理解したためだと説明した。

関連ニュース

タグ
スキャンダル, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント