13:25 2019年11月19日

仏富豪ピノー氏、ノートルダム大聖堂再建に1億ユーロ寄付へ

© AFP 2019 / Stephane De Sakutin
社会
短縮 URL
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (20)
0 11
でフォローする

 ファッションハウスの「グッチ」と「イヴ・サンローラン」を保有する企業「ケリング」の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるフランスの大富豪、フランソワ・アンリ・ピノー氏は15日、火災の被害を受けたノートルダム大聖堂(パリ)の再建に向けて1億ユーロを寄付すると明言した。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

ピノー氏の話では、「ノートルダム大聖堂の完全な再建のために不可欠な努力」に向けた資金が、ピノー氏の一族が所有する投資会社「アルテミス」によって支払われるという。

パリのノートルダム大聖堂では同日夜、大規模な火災が発生。現時点では、火災は既に消し止められている。火災の結果、大聖堂の尖塔が崩落したほか、支持構造が炎に包まれたものの、ファサードと2つの塔の崩落は防ぐことに成功した。

関連ニュース

ノートルダム大聖堂火災 日本は修復について支援を検討

トピック
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (20)
タグ
事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント