13:10 2019年11月22日
NASA

NASA、気象災害の始まりを確認

CC BY-SA 2.0 / Jeff Keyzer / NASA
社会
短縮 URL
124
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)は、最近得られた急速な地球温暖化を物語るデータが正しいことを確認した。オンラインニュースサービスEurekAlert!のプレスリリースで伝えられた。

スプートニク日本

研究者たちは2003年から2017年にかけて大気赤外サウンダAIRSを搭載した地球観測衛星Aquaを使い、海面、陸地、水面に形成された氷の表面近くの大気の層の温度を測定した。

その後、指標は地上局の指標と比較され、2つのデータが一致することがわかった。

調査結果によると、過去15年間で地球表面の温度が世界中で上昇した。

新たな調査結果は、地上観測が北極圏の気温変化速度を過小評価する可能性があることを示している。

研究者らによると、温室効果ガス排出量を削減するための対策が一切講じられない場合、21世紀の終わりまでに水深2000メートルの上層の海水の温度は0.78度上昇する。これにより熱膨張で海面がさらに30センチ上昇し、氷河の融解による海進が進む。気温の上昇は、より激しい暴風雨、ハリケーン、極端な多雨を引き起こす。

関連ニュース

タグ
怖い, 災害
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント