13:25 2019年11月19日
モジラ・ファイアーフォックス

グーグルは何年もパートナーのファイヤーフォックスを妨害

CC BY 2.0 / Michael Dunn / Foxy
社会
短縮 URL
0 33
でフォローする

モジラ・ファイアーフォックス社の元副社長ジョナサン・ナイティンゲール氏は、グーグルが不当な競争を行ってきたとして、これを非難した。ナイティンゲール氏は一連のツイッターで、長年の間、検索エンジンは頻繁にファイヤーフォックスの開発者を妨害し、ユーザーをクローム(Chrome)に誘導していたと指摘した。

スプートニク日本

ナイチンゲール氏によれば、グーグルは自社製品に故意に細工し、 ファイヤーフォックス上でグーグルのサイトを閲覧した人だけにエ ラーが起こるようにした。ナイチンゲール氏は、「 2007年に私がモジラで働き始めたとき、 まだクロームはなかった。 私が親交のあったグーグルの多くの人は、 ほとんどがファイヤーフォックスのファンだった」と語った。

2008年のクロームのリリースにより、状況は一変したと、 米国ニュースサイト「ジーディーネット(ZDNet)」 は報じている。グーグルは検索市場にクロームが登場するまでの4 年間は契約を破らなかった。 この契約はモジラに目に見える利益分をもたらしたが、しかし、 パートナーを妨害し始めた。

ナイチンゲール氏は、「 ファイヤーフォックスの検索結果の横に並んで、グーグル・ クロームの広告が表示され始めた。ファイヤーフォックス上でGメ ールとDocsを使用していると、頻繁にエラーやパフォーマンス の問題が生じるようになった」と指摘している。

ファイヤーフォックス側には検索はエラーが生じるたびに、 グーグル側から、これは偶然生じたもので、数週間内にで修正され ると説明がなされていた。ナイティンゲール氏は、「これが繰り返 し起こる。『おっと、またですか。ただいま、修復しますから。私 たちだって修復を望んでいるんですよ。同じチームですからね」と いわれ続けたと明かしている。ナイティンゲール氏は、ファイヤー フォックスがこうした「エラー」を起こす度にユーザーを失い続け たことを強調した。

関連ニュース

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント