19:29 2019年05月23日
女性

核の黙示録 阻止できるのは女性だけ 米「フォーリン・ポリシー」誌

© Sputnik / Nina Zotina
社会
短縮 URL
0 36

米誌「フォーリン・ポリシー」誌のコラムニスト、ザンティー・シャーフ氏は、核問題の解決に関わる女性の数を増やすことで、グローバルな核戦争のリスクを減らすことができると考えている。

スプートニク日本

2006年に科学学会ロイヤル・ソサイエティが行った研究では、 女性よりも男性は一般的に、 戦争ゲームの模擬シナリオで大きな自己過信の傾向があることが示 された。一方で、そのような状況での過度の自信は、 予想される敵への攻撃を決定することにつながる。これに対して女 性は武器を使用することなく紛争解決を図ろうとする傾向がより強 い。研究結果では、女性が平和交渉に参加することで、 こうした交渉が成功する可能性が64%増加することが示された。

今日、核の安全保障に関する国際交渉に参加する女性の数は、通常 、代表者総数の4分の1を超えていない。ロイヤル・ ソサイエティの研究によれば、 交渉のよりよい結果を目的とするなら、女性のの参加の最低ライン を30%に設定する必要がある。ザンティー・シャーフ氏は、 米国とロシアの関係悪化で状況がさらに先鋭化している今、この問 題は特に焦眉の課題となっていると指摘している。

関連ニュース

タグ
イスラエル, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント