02:15 2020年08月05日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

ベルギーのクノック=ヘイスト沿岸の北海で、第1次世界大戦の手榴弾や爆弾からマスタードガスが漏れ出ているとわかった。現地紙ヘット・ラーツテ・ニウスが2日、報じた。

スプートニク日本

同紙によると、ウェスト=フランデレン州知事はおよそ3万5千トンの弾薬の「墓場」を処分するよう指示。「(ガス)流出がより大規模になるときを待つより、今日した方が良い」と指摘した。

関連ニュース

タグ
事故, ベルギー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント