23:23 2019年10月14日
ダビンチのモナリザ

ダ・ヴィンチが『モナリザ』を未完のまま残した理由が明らかに

© 写真 : Public domain
社会
短縮 URL
0 41
でフォローする

世界中で最もよく知られている絵画の1つ、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』は、半分しか完成していなかった可能性がある。

スプートニク日本

研究者らは、ダ・ヴィンチが『モナリザ』の製作中に気を失って倒れ、腕に重傷を負ったと考えている。

右腕が包帯のような衣服で巻かれ、「しっかりと締め付けられたかたちで吊るされている」ダ・ヴィンチの肖像画も、この説の正しさを確認しているという。医学誌Journal of the Royal Society of Medicineで発表された研究の中で述べられている。

医師らは、肖像画に描かれているダ・ヴィンチの腕の状態は、ダ・ヴィンチが腕の麻痺による神経の損傷に苦しんでいたことを示しているとの見方を示している。麻痺は、ケガあるいは転倒などによって引き起こされた可能性があるという。

ダ・ヴィンチは左利きだったが、絵を描いていたのはおそらく右腕だと考えられている。

研究者らは、ダ・ヴィンチが教えることや絵を描くことを続ける中で、なぜ『モナリザ』を含む多くの作品が未完のまま残されたのかが、これで説明がつくとしている。

関連ニュース

タグ
歴史, おもしろい, レオナルド・ダ・ヴィンチ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント