00:43 2019年12月15日
サイバー(イメージ)

消えゆく職業、そして新たに生まれる職業 専門家がリスト作成

© Fotolia / Uli-B
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ロシア連邦労働・社会保護省は、過去数年のうちに労働市場に現れた数十の新しい職業リストを作成した。一方、米国のシンギュラリティ・ユニバーシティのモスクワ支部代表は、近い将来にロボットに取って代わられる職業をまとめた。

スプートニク日本

専門家らによれば、ロボットたちは確実に人々から中程度の技能職を奪い取る。単純だが、特殊な技能を必要とする、販売員や運送ドライバー、郵便配達員、会計士、旅行代理店、交通警察官といった職業は容易にロボットに置き変わられ、消滅が予想される。 

ロシア労働・社会保護省の専門家らは、人工知能(IT)技術を生産に導入するためには、こうした技術をもつエンジニアやロボット生産サービスの技術者が必要になると指摘している。新しい職業に関しては、専門家らは、ドローンのオペレーターやビックデータやクラウドアプリケーション統合の専門家、宇宙用食品のマネージャーといった名前を一様に挙げた。

将来性が高いのは、メディアリソースをモニタリングし、違法行為を発見するメディア警察や、サイバー犯罪専門の捜査官といった職業。その他にも遺伝カウンセラーや、クライアントに合わせて記憶と思考の向上の個別プログラムを作るマインドフィットネスのコーチといった専門職も新たに生まれることが予想される。

関連ニュース

 

タグ
おもしろい, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント