06:03 2019年12月14日
マリア・シャラポワ

マリア・シャラポワのキャリア研究コースがカリフォルニア大学に

© AP Photo / Jordan Strauss
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

カリフォルニア大学サンタバーバラ校は「マリア・シャラポワになってみる」と題した特殊コースを開設し、国際スポーツにおける女性らしさ、グローバリゼーション、移民、ジェンダー、人種といった問題をシャラポワを例にとって考察した。

スプートニク日本

このコースを作成したアニータ・シュターリ教授は以前にも「セリーナ・ウイリアムズの意義」の枠内でスポーツにおける性別、人種、セクシュアリティについて講義を行った経験がある。

シュターリ教授はシャラポワには2016年にドーピング問題で資格はく奪に遭った後から興味を持ち始めたと語っている。「彼女の資格剥奪には影響力のかなり大きな組織が反応を示しました。彼女の行動は国連、NIKE、クレムリン、ポルシェの反応を呼んだ。これは信じがたいことだと私は思ったのです。」

​コース「マリア・シャラポワになってみる」には同大学のフェミニズム研究学科で受けられるコースも入っている。コースの募集人数は当初の計画では25人だったものの、あまりの人気の高さに枠は30人まで拡大された。

関連記事

タグ
スポーツ, ロシア, テニス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント