23:19 2019年07月18日
日本の建築家が、家族のために「ラビリンスの家」をつくる

日本の建築家が、家族のために「ラビリンスの家」をつくる

© 写真: Facebook/ Yo Shimada
社会
短縮 URL
0 21

日本の建築家たちが、家族で一緒に楽しい時間を過ごしたいとの要望を受け、「ラビリンスの家」をつくった。

スプートニク日本

建築・デザイン情報サイトDezeenによると、幾何学的な形をした家は、大阪近郊に建てられた。

住宅は菱形につながれた12個の正方形の構造物でできている。1階には12部屋、2階には6部屋ある。それぞれの部屋には「パブリックゾーン」を通って入るようになっている。

ファサードはクローズタイプで、内部には中庭が3つあり、そこから部屋に日光が入るようになっている。

日本の建築家が、家族のために「ラビリンスの家」をつくる
日本の建築家が、家族のために「ラビリンスの家」をつくる

関連ニュース

タグ
びっくり, おもしろい, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント