23:20 2019年05月23日
男性が116本の釘を飲み込む 無事摘出

男性が116本の釘を飲み込む 無事摘出

© 写真 : Pixabay
社会
短縮 URL
0 10

インド、ラージャスターン州ブーンディー市の病院で地元の男性の体内から100本を超える釘が摘出された。英デイリーメールが報じた。

スプートニク日本

大量の釘が体内から見つかったのはブホラ・シャンカラさん(43)。腹痛を訴えたシャンカラさんはレントゲン写真の結果、胃や腸に大量の異物があることが発覚し、手術室へと運ばれた。手術では外科医らが長さ5センチの釘116本、金属片や配線コードの切れ端を摘出した。

シャンカラさんの容体は安定しており、健康を脅かすものは一切ないという。執刀医のアニル・サイニ氏は、金属製の釘は臓器に刺さって死に至ることもあるため、シャンカラさんはラッキーだったと語った。

シャンカラさんは、なぜ自分の体内から釘などが見つかったのか説明できなかった。シャンカラさんの弟によると、シャンカラさんはこの2年半、精神病の薬を服用していたという。

​関連ニュース

タグ
健康, びっくり, すごい
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント