20:02 2019年06月25日

インド中部、1匹のサルに町全体が9日間震撼 襲われた男性1人死亡

© AFP 2019 / Sanjay Kanojia
社会
短縮 URL
0 02

インド中部の都市バドナワルで最近、男性1人がサルに襲われて死亡し、さらに10人が同じサルに傷を負わされたことを受け、大規模な抗議活動が行われるという事態になった。英デイリー・スター紙が22日に伝えた。

スプートニク日本

このサルは9日間にわたり、町の中を歩き回って人々を襲撃した。その結果、60歳の男性ナトラムさんが死亡し、さらに10人が負傷して地元の病院に相談したという。

バドナワルの住民は、今後似たような事件を防止する措置を地元当局に求め、街頭運動を開始。狂犬病ワクチンが地元の病院で利用できないことが、抗議する人々の間でさらに大きな不満を呼び起こした。人々は町の交通を遮断し、これが警察活動の深刻な停滞を招くこととなった。

その後、狂犬病ワクチンが町に届けられたほか、しばらくしてから当局が問題のサルの捕獲に成功したという。

関連ニュース

タグ
動物, 怖い, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント