16:58 2019年06月27日
東京

今夏はエルニーニョ発生で世界的に高温

© Sputnik / Natalya Selivestrova
社会
短縮 URL
0 01

世界気象機関(WMO)は27日、 南米ペルー沖で海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」 が今年の夏に60パーセントの確率で発生する可能性があるとのことから、「世界的に高温となる可能性がある」との予測を発表した。 毎日新聞が報じた。

スプートニク日本

WMOの調べでは、今春の南米ペルー沖の海面水温や大気の状態からエルニーニョ発生の兆候が観測されており、このまま行くと6月から8月にかけて海面水温が平均より0.5度から0.9度上昇し、弱いエルニーニョになる危険性が高まっている。

ただし、勢力が強くなる可能性は少ないことから、9月以降の発生確率は50パーセントと予想されている。

関連ニュース

国連が警告 世界人口の未曽有の増大による環境への影響 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント