02:51 2019年11月13日

16歳の環境活動家に最高賞を授与 人権団体アムネスティ

© AFP 2019 / Alex Halada
社会
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
0 06
でフォローする

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、スウェーデン人環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(16)とその活動に対し、同団体最高賞の「良心の大使賞」を授与したと発表した。

スプートニク日本

「良心の大使賞」は、同団体最高の栄誉で、人権のために際立ったリーダーシップや勇敢さを示した人に与えられる。

​トゥンベリさんは昨年8月、ストックホルムの国会前で単独で「学校ストライキ」を開始してメディアの注目を集めた。彼女は、地球温暖化対策に関する国際的な枠組み「パリ協定」をスウェーデン政府が実施するまで金曜日は学校に行かないと宣言した。

​トゥンベリさんは国連の気候カンファレンスと世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に招待されて演説。ノーベル平和賞にもノミネートされた。

トゥンベリさんは受賞について、これは彼女1人の勝利ではなく、みんなの功績だと述べた。

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (175)
タグ
環境, スウェーデン, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント