03:02 2021年09月23日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

エクアドル・ピチンチャ県の最高裁判所は20日、内部告発サイト「ウィキリークス」創設者のジュリアン・アサンジ被告の盟友のウレ・ビニ氏の保釈を認めた。新聞「エル・コメルシオ(El Comercio)」が報じた。

スプートニク日本

スウェーデン国籍のビニ氏は今年4月11日、エクアドル首都キトの空港で政府のデータベースへをハッキングした疑いで逮捕された。報道によると、ビニ氏が6月21日に釈放される。

​先に、英裁判所はアサンジ被告の米国引き渡しをめぐる審理の実施日を2020年2月末に指定したと伝えられていた

関連ニュース

タグ
ウィキリークス, ジュリアン・アサンジ, エクアドル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント