09:04 2019年10月15日

メルケル首相、ドイツ大統領との公務中に震えを起こす

© REUTERS / Tatyana Zenkovich
社会
短縮 URL
G20大阪サミット (55)
0 22
でフォローする

ロイター通信は27日、ドイツのメルケル首相(64)が、同国のシュタインマイヤー大統領との公務中に、何度も「体を震わせる事態」が起こったと報じた。

スプートニク日本

ロイターによると、メルケル首相の報道官は、首相の体調に問題はないとし、大阪で開催されるG20サミットにも出席すると述べた。報道官は、メルケル首相の体調に問題はなく、近いうちに予定されている行事については、「全て予定通り行われる」と指摘した。

今月18日、メルケル首相はウクライナのゼレンキー大統領の歓迎式典に出席した際にも体を大きく震わせ、健康不安説が報じられた。メルケル首相はその後、暑さで脱水症状になったと説明した。

関連ニュース

トピック
G20大阪サミット (55)
タグ
健康, ドイツ, アンゲラ・メルケル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント