00:55 2020年07月13日
社会
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (210)
124
でフォローする

今週発表された国連人権理事会の特別報告によると、1億2千万人以上の人々が、干ばつ、洪水、その他気候変動に関連する自然現象のために、2030年までに貧困に陥る。 

スプートニク日本

報告書は、気候変動が作物生産性の低下をもたらし、海水温の上昇が何百万もの人々の食料源になっている海洋生態系を変化させると指摘する。さらに、気候変動は、以前に報告されていない地域で病気の拡大を引き起こす。その理由は、昆虫の移動経路の変化だ。

報告書は 「世界銀行の推定によると、すぐに行動を起こさなければ、2030年までに世界で1億2千万人が貧困に陥る。南アジアだけでも、8億人が2050年までに暑い気候にさらされる。2050年までには彼らの生活環境は悪化する一方だ」とする。

先に発表された推定によると、人口増加の継続によって、アフリカは生命のない砂漠に化す。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (210)
タグ
気候変動, 科学研究, 研究, 自然, 国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント