02:13 2019年12月13日

キム・カーダシアン、日本人から批判されてもブランド名を変えるつもりはない

© REUTERS / Shannon Stapleton
社会
短縮 URL
筆者 :
246
でフォローする

米国のスター、キム・カーダシアンさんは、自身の補正下着ブランドの名称「キモノ(KIMONO)」について、日本人から批判が出ていても名称を変えるつもりはないことを明らかにした。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

スプートニク日本

カーダシアンさんは、日本文化における着物の役割を深く尊重していると述べ、着物に似ていたり、着物を侮辱するような商品をデザイン、販売する予定はないため、批判があってもブランド名を変えるつもりはないことを明らかにした。

カーダシアンさんは、特にブラ、ショーツ、ボディースーツなどについて「私の補正下着ブランドは包括性と多様性に基づいており、(商品が)間もなく発売されることをとても誇りに思っている」と語った。

米国のセレブリティ、キム・カーダシアンさんは、「キモノ(KIMONO)」という名称の補正下着ブランドを発表した。これに対し、ソーシャル・ネットワークでは「文化の盗用」といった批判の声が殺到している。発表された補正下着と日本の伝統衣装である着物が無関係であることに加え、カーダシアンさんの「キモノ」が日本の着物のイメージを塗り替える恐れもあるなどと指摘されている。

サイトchange.orgでは、カーダシアンさんの「キモノ(KIMONO)」に反対する請願書が作成された。

タグ
文化, スキャンダル, 日本, ファッション
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント