05:20 2020年01月24日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

米自動車メーカーのクライスラー社の元会長でフォード・マスタングの設計者であるリー・アイアコッカ氏が亡くなった。94歳だった。ニュースサイト「TMZ」が、家族のコメントを引用して報じた。

リー・アイアコッカ氏
© REUTERS / John Hillery
リー・アイアコッカ氏

報道では、死因など詳細については不明とのこと。

リー・アイアコッカ氏は、1946年から1978年までフォード社の社長を務め、同氏を中心に人気車のフォード・マスタングが開発された。その後、リー・アイアコッカ氏は1995年までクライスラー社を率いた。

タグ
米国, 自動車
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント