21:36 2019年08月22日
皮膚科医が推奨する日焼け予防と後のケア

皮膚科医が推奨する日焼け予防と後のケア

© Fotolia / Nadezhda1906
社会
短縮 URL
0 10

カナダのアルバータ大学の皮膚科医、ロバート・グニアデッキ氏は、民間療法による日焼け後のケアは有害な場合すらあるとして、これを避けるよう推奨する。そのうえで、正しい日焼け止め方法と日焼け後のケアを説明した。Medicalxpressが伝えた。

グニアデッキ氏によると、日焼け後はまず濡らした布で患部を冷やし、続いて無香料のモイスチャークリーム、もしくは市販のヒドロコルチゾンのクリームを塗布するべきだ。これに加え、イブプロフェンを服用し、水を多く飲むよう推奨している。

また日焼け止めとして、日に当たる前にライム、ニンジン、セロリ、ディルといった、太陽の有害な光線に肌が敏感になるフロクマリンという物質が含まれる野菜の摂取を控えるよう勧めている。もちろん、十分な日焼け止めを塗る必要もある。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント