12:36 2019年11月13日

研究者ら、学校休みの有害性について言及

© AFP 2019 / Yasuyoshi Chiba
社会
短縮 URL
0 04
でフォローする

アメリカの研究者らは、長期夏休みは生徒や教師の精神状態に悪影響を及ぼすことを証明した。専門家によると、9月の通学を前に、大半の生徒は非常に強いストレスを感じるという。MedikForumが伝えている。

専門家らは、このような苦しみは生徒の効率低下と成績不振を誘発することを解明した。

それに加え、多くの子どもたちに『成人病』が始まる。血圧が上がり、また神経系の機能障害が起こるという。

これに関連して医師らは、休業期間を短縮し、また可能な限り、子どもを学校に送り出す前に、精神科医あるいは心理療法士に相談することを推奨している。

関連記事

学者ら「休暇を取らないと若死にの危険」

タグ
子供
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント