17:11 2019年10月16日
食べ物(アーカイブ写真)

従業員が明かす、バイキングレストランの恐ろしい秘密

CC0 / Pixabay
社会
短縮 URL
0 92
でフォローする

バイキングレストランの従業員が海外掲示板サイト「Reddit」で、バイキング形式の不快な特徴を語った。このスレッドは5万3000を超える「いいね」と1万3000近いコメントを集めた。

新鮮食材は期待できない

natlachさんはバイキングレストランで働いていた、いとこの話を共有した。レストラン経営者はいとこに腐った海鮮物を取り除くことを禁じていた。消費期限が1週間半前に切れたエビですら、客に提供されていた。臭いや味に関するクレームが大量に入りはじめないと、新鮮ではない食材は取り除かれなかった。

料理はいつも衛生的とは限らない

他のユーザーは、バイキングレストランを訪れた保護者は子どもに目を光らせていないことがしばしばあり、子どもは手で食材を触ると語った。また、保護者らはそれに気づいても、従業員に食材を取り除いたり交換するよう頼む必要があると考えていない。

また、うっかり食材を床に落としたあと、拾って机に戻す客もたまにいるが、レストラン側は問題の食材を取り除かないという。pm_me_nothingさんが説明したところ、マネージャーは「いいご飯」を捨てるのはもったいないと述べた。

バイキングレストランで、床から拾い上げられた食材を使って調理する様子を見たことがあるとコメントした人もいる。また、食材が少ないと気づいたレストラン側が店で半調理品や冷凍品を買っていたと書き込んだ人もいる。

「足るを知らない」客たち

バイキングレストランを訪れた人からは食べすぎたあとトイレに行き、吐いてからまた食事を再開するとのコメントも多くついた。「お金を無駄にしないため」だという。

そして、あるレストランのマネージャーだという人物は、バイキング形式に過食症などの摂食障害を持つ人が訪れることは珍しくないと語った。

タグ
食べ物, 食生活
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント