08:01 2019年12月12日
航空便の遅延が頻繁に起こるのはどこの国?

航空便の遅延が頻繁に起こるのはどこの国?

© 写真 : Antti Yrjönen
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

航空便の遅延やキャンセルが頻繁に発生しているのは中国で、逆にもっともまれなのはべラルーシだった。乗客の権利を保護する団体「エアヘルプ」が発表した。

研究者らは2019年3月31日から6月15日の期間のフライトデータについて調査し、ロシアの旅行者の中でもっとも人気のある15の国々での航空便の遅延とキャンセルの数を公表した。

もっとも定刻通りに運行されていない国は、中国とドイツ、ギリシャだった。

中国の空港では13万5千便以上が定刻通りに出発しておらず、つまり39万便以上の出発のほぼ3分の1で、最低15分の遅延やキャンセルが発生した。

続く2番目となったドイツではフライト時間が守られなかった割合は25%、3番目のギリシャは24%だった。トルコではフライトが遅延またはキャンセルされた割合は21%、イタリアは約20%、キプロスは17.5%、ブルガリアは16%となった。

フライトの遅延とキャンセルの発生率がもっとも低かったのはベラルーシ。調査期間で何らかのトラブルが発生した割合はたった6%だった。

ロシアではフライトのトラブル発生率は同様に比較的低く、10%未満だった。

ランキングはお好きですか?そんなあなたにはこれがオススメ!

関連ニュース

タグ
番付・ランキング, ドイツ, ロシア, キプロス, ブルガリア, 中国, 飛行機, 航空
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント