01:41 2020年01月22日
社会
短縮 URL
ポスト・チェルノブイリの時代 世界を永遠に変えたカタストロフィー (86)
0 20
でフォローする

英国とウクライナの研究チームが、チェルノブイリの水と小麦を使い、安全なウォッカ「アトミック」を試験的に製造した。

BBCのウェブサイトによると、このウォッカの製造にはチェルノブイリ市の深水層のミネラルウォーターを希釈した蒸留アルコールが使用されているという。この原水の化学組成はフランス・シャンパーニュ地方の地下水に近いということだ。

チェルノブイリの水は検査され、放射能汚染は確認されなかった。

ウォッカは、チェルノブイリ原発事故後に放棄された土地の一部を、農作物栽培に安全に使用できるかタイミングを計るプロジェクトの一環として開発されていた。既に立入禁止区域内の多くの場所が(農作物栽培に)使用可能だという。

研究者らは、近いうちに穀物からクラフトウォッカを作るつもりだ。

ダークツーリズム

世界では近年、危険で忘れ去られた場所を訪れる、いわゆるダークツーリズムの人気が高まる一方だ。

チェルノブイリへの関心が高まったのは、アメリカHBOテレビの連続ドラマの影響が大きいだろう。

7月10日、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、チェルノブイリ立入禁止区域を観光センターへ転換する大統領令に署名した。これにより今後、希望者は事故現場を合法的に、専門家の立ち合いのもとで訪れることが可能になった。

チェルノブイリ訪問が観光客にとって安全かどうか、専門家の意見はこちらを参照。

関連記事

トピック
ポスト・チェルノブイリの時代 世界を永遠に変えたカタストロフィー (86)
タグ
チェルノブイリ原子力発電所事故, チェルノブイリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント