19:15 2020年10月27日
社会
短縮 URL
0 04
でフォローする

児童買春の罪で起訴され、勾留中に自殺したとみられる米富豪のジェフリー・エプスタイン被告の性犯罪に英王室のアンドルー王子(エリザベス女王の次男で王位継承順位第8位)が関与していた疑惑が浮上したが、王子側は関与を全面否定した。ロイター通信が報じた。

これまで複数のメディアは、ニューヨークにあるエプスタイン被告の邸宅から外出する女性に対し、アンドルー王子が玄関越しに手を振る写真を公開した。

一方、​英王室は声明で「エプスタイン被告の犯罪に関する最近の報道に王子はがく然としている。王子は買春行為を非難しており、そうした行為を王子が容認、後押しし、それに関与しているという主張は許し難い」と表明した。

こうした中、バー米司法長官は19日、連邦刑務局の上層部を刷新する人事を発表した。これまでバー長官は、この自殺疑惑を巡り、エプスタイン被告を勾留していた連邦刑務局側に「重大な不備」があったと批判していた。

関連ニュース

タグ
事件, 米国, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント