22:51 2020年07月09日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

カムチャッカ半島のシベルチ火山から、高さ最大海抜1万メートルに達する火山灰の噴煙が立ち上った。火山活動の観測グループ「KVERT」が発表した。

機関の代表は「29日の現地時間の昼間、シベルチ火山で噴煙柱が観測された。衛星データによるとその高さは最大で海抜1万メートルに達した。灰の煙流は北東方向に42キロメートルにわたって広がった」と発表した。

ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省の地方総局の情報によれば、カムチャッカ地方の集落への降灰の報告は救助機関に届いていない。

タグ
火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント