16:59 2020年04月03日
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

日本航空(JAL)は、飛行機の座席を予約する際の新たな機能を導入した。座席を予約する際に、生後8日以上3歳未満の子ども連れの乗客が座る場所が表示されるため、泣く子どもを避けたい人は、離れた席を予約することができる。ザ・サン紙が報じた。

ツイッター利用者たちはJALの新機能を歓迎し、他の航空会社もJALの例に倣うよう呼びかけている。

小さな子どもが乗っていない場合は、フライトにもっとお金を払っても構わないと思っている人たちもいるという。

関連ニュース

タグ
飛行機
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント