10:45 2020年08月06日
社会
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (213)
140
でフォローする

南極大陸東岸のアメリー棚氷から過去50年間でもっとも巨大な氷山が分離した。その重さは3150億トンにものぼる。

アメリー棚氷は南極大陸で3番目に大きな棚氷で、その面積は約4万平方キロメートル。

​分離した氷山「D28」の面積は1600平方キロメートルで、スコットランドのスカイ島よりわずかに小さい程度。

​最後にアメリー棚氷からこれほどの大きさの氷山が分離したのは1960年代のはじめ。この氷山は面積が9千平方キロメートルもある巨大なものだった。

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (213)
タグ
自然, 南極
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント