17:36 2019年12月14日
M1911

米警官 自宅のマンションを間違えて居合わせた黒人を射殺 懲役10年【動画】

© 写真 : Public domain/Gerald R. Ford Presidential Museum
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米テキサス州ダラス市警察に勤務していた女性警官のエンバー・ガイガーが誤って黒人男性を射殺し、懲役10年の判決が下された。一審の無罪から一転して有罪判決が下された。NBCテレビが報じた。

事件は2018年9月に発生した。当時、ダラス市警察に勤務していたガイガー被告は黒人系アメリカ人のボサム・ジーン氏(当時26歳)を射殺した。

被告の証言によれば、女性は職場から警官服姿のまま帰宅した際、間違えて他人のマンションに侵入し、そこで鉢合わせたジーン氏を射殺した模様。ガイガー被告は自宅にいたジーン氏を泥棒と勘違いして発砲したとみられる。

ガイガー被告は逮捕され、警察の内部調査により、退職を命じられた。

ジーン氏の殺害後、ダラス市ではデモが発生。最大で100人以上が参加した。

判決が下された法廷では被害者の弟がガイガー被告と和解し、抱擁する場面が見られた。

​関連ニュース

大人気ドラマ「チェルノブイリ」に黒人俳優がいないと憤慨した視聴者の声により、本物の黒人事故処理員が見つかった

タグ
事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント