17:47 2019年12月14日
 エチオピアの首相がノーベル平和賞を受賞

エチオピアの首相がノーベル平和賞を受賞

© 写真 : twitter/@NobelPrize
社会
短縮 URL
0 90
でフォローする

エチオピア国境付近での紛争解決に貢献したことから、ノーベル平和賞はエチオピアのアビー・アハメド首相に授与された。ノーベル委員会が発表した。

ノーベル委員会は、隣国エリトリアとの和平合意でのアハメド首相の功績を評価し、地域紛争の平和的解決における特筆すべく努力に対してノーベル平和賞を授与すると強調した。

ノーベル平和賞の他の候補として、2019年3月に若き環境保護活動家グレタ・トゥーンベリさんが推薦された。英国の大手ブックメーカー「ラドブロークス」の評価では彼女が賞を受賞する可能性が高かった。ラドブロークス社は、グレタさんが候補に挙がった理由は一人で学校ストライキを起こしたことだと考えている。

2019年ノーベル賞


2019年のノーベル賞受賞者授賞式は従来通り、ノーベルの命日である12月10日。

平和賞を除く5部門の授賞式はストックホルムで行われる。平和賞の授与式だけはノーベルの遺志で同じく12月10日にオスロ―で行われる。

ノーベル賞の賞金は各賞とも900万スウェーデンクローナ(およそ95万ドル)。

関連ニュース

タグ
ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント