05:22 2019年11月15日

ロシア保健・社会開発省 ロシア人の平均寿命の延長を発表

© Depositphotos / ArturVerkhovetskiy
社会
短縮 URL
0 110
でフォローする

ロシア保健・社会開発省は、ロシア人の平均寿命が2019年の8ヶ月で73.6歳まで延びたと発表した。

ロシア保健・社会開発省のヴェロニカ・スクヴォルツォワ大臣は、「今年の8ヶ月間で73.6歳まで平均寿命が延びたことが記録された。これは2018年の平均との比較で0.7歳の増加となった」と発表した。

女性の平均寿命は78.5歳を上回ったと指摘された。

発表では、「1千人あたりの全体の死亡率は2018年の同指数との比較で3.1%減少した」と指摘された。

以前、モスクワ市民の平均寿命は日本人と同じ程度になっていることが発表されている。

ロシア連邦統計局の調査によると、ロシアの女性長寿者(1万4687人)は男性(5千895人)を2.5倍上回っている。

これより前、ロシア連邦統計局はロシア国内の働く女性の数、第1子出産年齢を発表している。

タグ
健康, 調査
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント