21:52 2019年11月14日
オーストラリアの新聞

オーストラリア各紙が社説を黒塗り ジャーナリストの自由をかけた闘い

© 写真: Twitter / Michael Miller
社会
短縮 URL
263
でフォローする

21日、オーストラリアの各紙は、検閲を受けた記事のような黒塗りのトップページの新聞を発刊した。オーストラリアのジャーナリストらの行動は、報道の役割を弾圧する国家安全保障法に対し向けられたもの。「ABCローカル」が報じた。

この行動には20の新聞社やテレビ局、ニュースサイトが参加し、その中にはオーストラリアの主要紙である「デイリー・テレグラフ」や「ヘラルドサン」「アドバタイザー」も含まれる。修正が加えられた1面には「秘密」の文字印が赤色でスタンプされた。

ある新聞の声明は、「これは、政府は人々から情報を隠そうとし、そのために法律がメディアの自由を奪おうとする暗い未来への警告だ」と強調した。

言論の自由を守る大規模な行動は、この数年、オーストラリア議会で可決された一連の連邦法に対する対応だ。

言論の自由を守る闘い

オーストラリアでは、多くの国々と異なり、メディアの自由に関する原則が憲法に規定されていない。2018年に国家当局は、反スパイ活動に関する一連の法律を可決し、それらの法律がジャーナリストらの言論の自由をいっそう規制するものとなった。政府活動の秘密情報漏洩に対し、報道機関の代表が実刑判決を受けることとなった。

ABCニュースのジャーナリストの訴訟

ABCニュースの3人のジャーナリストの裁判が目前に迫っている。彼らは、オーストラリアの特殊部隊が自国民に対するスパイ行為を行っているという問題と、アフガニスタンでのオーストラリア軍の軍事犯罪に関する記事を執筆した。

タグ
オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント