03:00 2019年12月12日
パソコン

世論調査=ロシア人は週休3日のために週の労働時間が増えてもかまわない

© Fotolia / Adrian Hancu
社会
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (73)
0 71
でフォローする

週休3日制(週4日勤務)へ移行する用意があるロシア人の約半数が、週に3日休めるならより集中的に働く意思があることを示している。さらに30%が週休3日のために、勤務する4日間の労働時間が増えることに反対はないという。イズベスチヤ紙が、「ヘッドハンター(HeadHunter)」の調査をもとに報じた。

調査は、50地域以上の9300人を対象に実施された。

回答者の69%が、現在の給与水準が維持されるのであれば週休3日制に移行する用意があると答え、19%が「どんなケースでも」週休3日制に移行する用意があると回答した。反対はわずか9%だった。

また、1週間の労働日数の削減に賛成する人の40%が、より集中的に仕事をする用意があると答え、30%が週の労働時間の増加に同意し、18%が昼休みを廃止してもかまわないと答え、4%が給与減額でもいいと答えた。なお29%が、何も変えたくないと回答した。

週休3日制が導入された場合、金曜日を休業とするのが最も好ましいと答えたのは回答者の59%、月曜日と答えたのは26%、水曜日は14%だった。

週休2日の維持を最も支持したのは総責任者や会社の所有者で、42%が週休2日制を選んだ。

週休3日制を最も支持したのは、原料採掘業界(80%)、自動車業界(79%)、人事管理部門(78%)の従業員だった。

労働算術

週休3日制に移行した場合、経済成長率の低下を回避するために、労働生産性の伸び率を少なくとも20%は確保する必要があると、ロシア国立研究大学高等経済学院雇用・職業研究所のフョードル・プロコポフ所長はイズベスチヤ紙に説明している。

たとえば労働者が1回の勤務で10個の部品を製造していた場合、新しい条件では12個製造する必要がある。

日本ではすでにトライアルが実施された 

日本マイクロソフトは、週休3日制を1か月間試験的に行った。結果、労働生産率(社員1人当たりの売上高)が約40%上昇した。

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (73)
タグ
ロシア, 世論調査
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント