02:54 2019年12月10日
犬

カンボジアに広がる犬肉産業の闇

Pixabay: Lepale (CC0)
社会
短縮 URL
0 04
でフォローする

カンボジアの犬肉産業では、一日に数千匹の犬が殺されている。屠殺方法は溺死、窒息死、首をナイフで切り裂くなど多岐にわたる。拡大する犬肉業界で従事する人々は精神的苦痛からトラウマを負うほか、狂犬病などの健康リスクにもさらされている。AFP通信が報じた。

安価なたんぱく源である犬肉は、中国や韓国、ベトナム、インドネシアなど、アジア諸国で現在も食べられている。

動物愛護団体「フォー・ポーズ」によると、年間200万~300万匹が食肉として処理されており、首都プノンペンには犬肉を提供する飲食店が100軒以上、古代遺跡群アンコールワットで有名な観光地シエムレアプにも同様の飲食店が20軒ほど並んでいる。

卸売業者はバイクで各地をめぐり、鍋などの調理器具と「不要な犬」を交換する。生きた犬は1キロ当たり2~3ドルの高値で売れるため、卸売業者はできる限り多くの犬を集めようとする。

病気に感染した犬が全国に出回る可能性があるため、専門家らは犬肉産業が公衆衛生に危機をもたらすと指摘する。その証拠に、カンボジアは世界でも狂犬病の発生率が高い。

犬が処理場に運ばれてくると、屠殺業者たちは犬を逆さまにつるしたり、ロープで絞め殺したり、頭をこん棒で殴ったり、悪臭を放つ水でいっぱいになった穴の中で溺死させたりする。

カンボジアでは衣料品工場の月給が200ドル未満なのに対し、犬肉の供給業者は750~1000ドルも稼ぐことができる。それでも業者の精神的苦痛は計り知れず、転職するものは後を絶たない。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント