04:26 2019年12月06日

イーロン・マスク氏が出廷 名誉棄損裁判で

© AFP 2019 / Frederic J. Brown
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は3日、英国人ダイバーのヴァーノン・アンスワース氏を「小児性愛者」と呼んで名誉棄損で訴えられた問題で、ロサンゼルスの裁判所に出廷した。

ニュース専門放送局CNBCによると、マスク氏は訴えを否定し、アンスワース氏が小児性愛者であるとは主張していないと述べた。マスク氏の弁護士アレックス・スピロ氏も、これは「侮辱についての話であり、事実の確認についてではない」と強調した。

アンスワース氏側は、マスク氏は影響力のある人物であり、同氏の意見には一定の重みがある可能性があることに注意を促した。

裁判は4日も続き、マスク氏も証言する見込み。

アンスワース氏は2018年6月、タイで洞窟に閉じ込められた子ども12人とコーチを救出する大規模な作戦に参加した。マスク氏とSpaceX社は小型潜水艦をタイに送り、救出活動に取り組むダイバーらに提供した。一方、アンスワース氏はインタビューの中で、この潜水艦を使用するのは不可能だとし、これは単なるPR行為であり、「マスク氏は自分の潜水艦を急所に突き刺しておけばいい」と述べた。

この発言の後、マスク氏はアンスワース氏を「小児愛者」、「児童レイプ犯」と呼び、アンスワース氏はマスク氏を名誉棄損で訴えた

タグ
イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント