06:27 2020年04月10日
社会
短縮 URL
0 50
でフォローする

ローマ教皇庁は17日、ローマ・カトリック教会が司祭らに対して定める守秘義務の対象から性的虐待事件を除外する方針を発表した。教会内での小児性愛事件隠蔽撲滅に向けフランシスコ教皇が進める取り組みの一環。AFP通信が報じた。

この規定は外交や個人的問題、犯罪容疑など、教会の統治に関わる機密性の高い情報を保護するためのもの。しかし、司祭や被害者が虐待を通報する妨げとなり、事件の刑事訴追を阻害しているとの批判があった。

教皇は17日の声明で、同規定を性的虐待事件に関する「告発、裁判、決定」に適用しないよう指示した。虐待事件に関して「通報者、被害に遭ったと訴える人、目撃者は、いかなる守秘義務にも縛られてはならない」と記した。

子どもの頃に性的虐待の被害を受けた当事者で、教皇庁の児童保護委員会が適切な対応を取っていないとして同委員会を辞職したマリー・コリンズさんはツイッターに「素晴らしい知らせだ」と投稿。

​今回の措置は委員会の勧告に沿ったものだとした上で、「ついに本物の前向きな変化が起こった」と歓迎した。

フランシスコ教皇は2019年5月、性的虐待を把握した人に上司への通報を義務付ける教令を発していた。

関連ニュース

タグ
ローマ法王
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント