04:54 2020年08月05日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

2億6700万人以上のフェイスブックユーザーの個人情報が、オンライン上に公開されていた。テクノロジーメディア「コンパリテック」が、サイバーセキュリティの専門家ボブ・ディアチェンコ氏と共に発見した。

流出したのは、主に米国のフェイスブックユーザーの個人情報。オンライン上に公開されたのはユーザーの名前、ID、電話番号。これらの情報は、スパムやフィッシング攻撃に使用することが可能だった。情報を盗んだのは、ベトナムのハッカーとみられている。

ハッカーがどのようにしてフェイスブックユーザーの個人情報を盗んだのか、その方法は正確にはわかっていない。

フェイスブックは調査を開始したと発表した。

2019年9月には、フェイスブックユーザー4億1900万人の電話番号を含むデータが、パスワードで保護されていないサーバー上で見つかっている。

関連ニュース

タグ
facebook
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント