21:00 2020年04月04日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

フィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコ氏はアマチュアのホッケー試合に参加し、大怪我を負った。試合終了間近でスティックがプルシェンコ氏の目を直撃したため、外科の処置を受けざるを得なくなった。プルシェンコ氏は妻のヤーナ・ルドコフスカヤさんと一家そろってリアリティーショーに出演した際に外傷の写真を公開した。

プルシェンコ氏自身の話によれば、怪我をしたのは試合終了まであと1分の時点。他のプレーヤーのスティックに襲い掛かろうとした瞬間、何の弾みかスティックが目の下を直撃。プルシェンコ氏は目にかなり痛い衝撃を受けてしまった。

「最初の瞬間、目が無い、目がどうかしたと思ったよ。血が流れているんじゃないかという感じがした。怖かったね。すごい恐怖だった。」

「お医者さんは『あと1ミリずれてたら目は無くなっていましたね』と言っていたよ。」

リアリティ―ショーに出演したプルシェンコ氏の目の下には傷跡が残っていた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。


関連記事

タグ
ロシア, フィギュアスケート, エフゲニー・プルシェンコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント