09:02 2020年04月06日
社会
短縮 URL
日産ゴーン事件 (68)
0 33
でフォローする

日本からベイルート(レバノン)に逃亡した日産自動車元会長カルロス・ゴーン氏は、裁判をレバノンで受けることを希望している。フィナンシャルタイムズ紙が同氏弁護士の話をもとに伝えた。

レバノンのゴーン氏の弁護士であるカルロス・アブジャウデ氏は、日産元会長に対する裁判は「レバノンに移管」あるいは「日本とレバノンの司法管轄省の協力」を見込んでいると語った。フィナンシャルタイムズ紙は、日本の検察が複雑な審理の移管に関してレバノン司法省と協力するかは今のところ明らかではない、と指摘している。

12月31日未明、欧米諸国および日本のメディアはゴーン氏が保釈中の身でありながら日本を出国し、レバノンにいることを報じた(同氏はフランス、ブラジル、レバノンに国籍を有している)。その後ゴーン氏自身も報道を認め「政治的抑圧から逃れ」日本を出たと声明を出した。

トピック
日産ゴーン事件 (68)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント