03:01 2020年01月28日
社会
短縮 URL
0 89
でフォローする

ニュースサイト Insiderは、シェフやレストラン批評家を対象に調査を行い、イタリアレストランで注文する価値のない料理や、注目すべき料理について彼らが語った記事を掲載している。

報道によると、レストラン批評家のジュリー・ヘルトン氏によると、ピザ「マルガリータ」は「強盗」だという。このピザはどの飲食店でも不当に高額であることが多い。ヘルトン氏は、このようなピザは家庭では1ドル(約110円)で作れるが、レストランでは12ドル(約1300円)を払わなければならない。

Пицца
© CC0 / Pixabay
ピザ「マルガリータ」

ヘルトン氏は、ピザは数種のトッピングで、窯で焼いたものを選ぶことを勧めている。それならば払う価値が理解できるからだ。

第二世代のシェフ、ナタリ・セルヴィノ氏は、トマトのシーズンが過ぎたらカプレーゼ(トマト、モッツァレラチーズ、フレッシュバジル、オリーブオイル)を注文する意味はないと語る。

Caprese
© 写真 : CCO/Pixabay
カプレーゼ

セルヴィノ氏はガーリックトーストもお勧めしていない。店側はガーリックとバターで古いパンの味を隠すことができるからだ。「焼きたての、自家製あるいは地元のパンを提供する店を探してください。美味しくするために何かをかけたり再度焼く必要がないパンを出す店がいいですね」と彼女は勧めている。

Pan
© 写真 : Pexels
パン

調理専門家によると、イタリアレストランでは煮込み料理に注目すべきだという。これらの調理には大変手間がかかり、場合によっては12時間もかかるという。同じく良い選択としては、自家製パスタやラザニアで、こちらも調理には多くの時間と労力がかかっている。

© CC0 / Pixabay
パスタ
タグ
食べ物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント