15:39 2020年10月28日
社会
短縮 URL
ヘンリー王子、メーガン妃の英王室「離脱」 (14)
0 02
でフォローする

サセックス公爵夫人メーガン・マークル氏の名前が動詞として使われている。英語圏のインターネットユーザーらは、「メーガン・マークルする」というフレーズを使用しており、その意味は、「あなたを尊重しない人々を過去の存在とし、前に進む」というもの。

こうした考えによりツイッターユーザーのライアン・カーター氏が使用し始めた。彼のアイデアに、「ニューヨーク・ポスト」紙や「ガーディアン」紙といった大手マスコミが注目した。

ガーディアン紙の見解では、王室でメーガン妃は必ずしも温かい歓迎を受けたわけではなかった。メーガン妃に対する風当たりとは反対に、ウイリアム王子の妻であるケンブリッジ公爵夫人キャサリン氏は、メーガン妃と同じような行動をとっても、逆に賞賛を受けてきたからだ。

サセックス公爵と公爵夫人メーガン、ヘンリー王子は、王室の責務と特権を放棄した際に、世間に向け「メグジット」(「ブレグジット」に似せて、王室を離脱するの意)という言葉を使用した。

関連ニュース

トピック
ヘンリー王子、メーガン妃の英王室「離脱」 (14)
タグ
メーガン妃, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント