09:07 2020年04月06日
社会
短縮 URL
110
でフォローする

スイスの銀行ジュリアス・ベアは、豊かさや贅沢なライフスタイルに関する同行初のグローバルレポート「Global Wealth and Lifestyle Report」を発表した。レポートは28の大都市の消費者行動と高級品市場の商品およびサービスの価格に関する調査に基づいている。モスクワは総合ランキング23位で、最も手頃な価格の都市の1つだった。

ジュリアス・ベアは、100万ドル以上の資産を持つ人たちが購入している高級品20項目とサービスの価格を調査した。ロレックスの時計やディオールのハンドバッグの価格、高価なワインや結婚披露宴の価格などが考慮された。

結果、資産100万ドル以上の富裕層にとって最も価格が高い都市は香港、2位は上海、3位は東京だった。

富裕層にとって最も手頃な価格の都市は、ムンバイ、ヨハネスブルグ、フランクフルトだった。

23位のモスクワは、最も手頃な都市の1つだった。全体的にモスクワでは高級品市場の商品とサービスのほとんどが、他の世界の大都市よりも安いからだ。

たとえばモスクワでは、伝説的なピアノ製造会社スタインウェイ・アンド・サンズのピアノや、レーザーによる視力矯正の価格が他の国よりも安い。

​またモスクワでは個人のスポーツトレーニングや、目周りの表情じわをとるためのボトックス注射の価格が、28都市の平均よりも安い。

さらに、モスクワ発の航空券は世界のほとんどの都市から出発する航空券よりも安く、ビジネスクラスに乗ることも可能。

一方、モスクワは宝飾品とプレミアムワインの価格が最も高い都市トップ3に入った。

またモスクワは、他の都市と比較して高級レディースシューズ、結婚披露宴、弁護士費用が平均よりも高いことがわかった。

タグ
番付・ランキング, 東京, 日本, ロシア, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント